時には演歌を・・・by麻生新

アクセスカウンタ

zoom RSS 岬ホテル

<<   作成日時 : 2008/01/15 20:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

岬ホテル

作詞:高野博美
作・編曲:麻生新

待ち侘びる女の 心模様は

いつも泣きそうな 空の色なのと

俺の背中を たたいた後で

すがりついてきた おまえはもういない

海沿いの坂道を登れば 岬のホテル

夕暮れの風に 面影ゆれた気がして・・

ふり向けば あー 椿の花か



守れない約束 してはだめよと

二人暮らしたい・・俺のくちびるに

細い指当て ほほえみながら

涙こぼしてた 遠い日思い出す

潮の香に身をまかせ眠ろう 今夜は一人

愛し合いながら 傷つけあって終った

哀しみは あー 捨てよう海へ



幸せになってくれ せめても祈っているよ

この胸をいやす 優しい波のひびきに

包まれて あー 帰ろう明日は





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
岬ホテル 時には演歌を・・・by麻生新/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる