時には演歌を・・・by麻生新

アクセスカウンタ

zoom RSS 経ヶ岬

<<   作成日時 : 2008/01/03 08:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

作詞の水本爽涼さんとは、作詞投稿サイト「作詞どっとこむ」で
この経ヶ岬の詞を拝見して付曲したい旨のメールをしてからの
付き合いになるんですが、私のブログ「ネットHOT歌謡曲」に
毎日コメントを書いてくれて盛り上げて頂いております。

水本さんは小説家さんでもあるんですが、その中の
「死の接合」と「嵌込まれた風景」を贈って頂いて・・・・
これは2冊とも一気に読んでしまった程面白い本でした。

その水本爽涼さんの作詞家さんとして作品「経ヶ岬」
お聴き頂ければ嬉しいです。
画像

経ヶ岬

作詞:水本 爽涼
作・編曲・唄:麻生 新

旅に出た 今の私に  

何があると 云うのでしょうか

全てが消えた儚さを 

忘れるために ただそれだけよ

風が騒ぐ 波が叫ぶ 

遅れて雪が 頬を撫でる

カモメが迷う 飛沫(しぶき)が撥ねる

経ヶ岬に立ち尽くす



寂しさも 何故か消えたわ

遠い昔 懐かしいんです

逝った貴方の 残り香を 

見つけるために ただ来ただけよ

風が怒る 波が喚く 

遅れて雪が 頬を撫でる

カモメが嘆く 飛沫(しぶき)が凍る

経ヶ岬に立ち尽くす



死ぬなよと 云った言葉が

耳の奥で 消えないのです

私一人が 遺されて 

何を頼りに 生きるのでしょう

風が叱る 波が弾く 

遅れて雪が 頬を撫でる

カモメが落ちる 飛沫(しぶき)が誘う

経ヶ岬に立ち尽くす



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
作詞をさせて戴いた水本です。こんなところにも、麻生さんのブログが・・^0^。と、気づいたようなことでした。たくさんのブログがありますが、いったいネットに幾つアップされておられるのか、お訊ねしたいですね。今後とも、よろしく御願い致します。
水本爽涼
2008/04/23 22:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
経ヶ岬 時には演歌を・・・by麻生新/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる