別れのサンバ

押尾コータローさんの演奏を聴いたりするたび
ギター=オーケストラという感じがするんですが
ギター1本で観衆を魅了するっていうのは
凄いことですね。

一昨日・昨日と2日連続で長谷川きよしさん の唄と
演奏をTV・ラジオで聴くことができたんですが、
感動しました。

TVはテレ東での特番・・モト冬樹さんが司会の
番組ですね。
ここでは「別れのサンバ」だけでしたが、TBSラジオ
「大沢悠里のゆうゆうワイド」では、何曲も聴けて
唄もですが、そのギター・テクニックに仕事を忘れて
聞き入っておりました。

その中で椎名林檎さんとのコラボ曲をこれはDVDの
音源を流したんですが、このフルートは娘さんが
吹いているんだそうです。
このフルートがなんとも良いんですね。
で、面白かったというか凄く良い話だったんですが、
長谷川さんは一緒に活動してくれると思ったいたのが
大学を卒業すると就職してしまったというんです。
なんでもサービス業が好きとのことで、
リゾートホテルへ自分から就いたそうなんです。
長谷川さんは一瞬寂しかったらしいんですが、こういう
話ってなんかいいなあって思ってしまいますね。

ところで「別れのサンバ」・・・これはいつになっても
どんな状況で聴いても名曲ですね。
長谷川きよしさんの作詞・作曲ですが、歌詞も
良いんですよね。
私の一番好きなところは

♪きっと私を 強く抱くときも
 あなたは一人 寂しかったのね♪


一人・・ひとり切りでLIVEを見てみたい!
なぜかそんなことを感じる長谷川きよしさんの唄・・
そしてギター・・・・・でした。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック