演歌みたいな女になって

[演歌みたいな女になって

作詞:蜃気楼
作曲:麻生新

あなたを失くした この部屋に
今日も宵闇 しのびこむ
ラークの匂いが 染み付いた
窓のレースが 揺れている
寒いのは 比叡颪のせいじゃない
ああ・・・あの日から
あなたの影と ふたり暮らしよ
ほら心まで 演歌みたいな女になって

忘れ上手が 生き上手
解っているけど できないわ
あなたが飼ってた 熱帯魚
餌を落せば 寄ってくる
閉じた窓 雫ににじむ街灯り
ああ・・・こんな夜は
あなたの好きな 湯豆腐するの
ほら心まで 演歌みたいな女になって

合鍵は ポストの中よいまもまだ
ああ・・・何一つ
棄てられないまま 秋冬かぞえ
ほら心まで 演歌みたいな女になって




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック