時には演歌を・・・by麻生新

アクセスカウンタ

zoom RSS 一芸に秀でた人は・・・

<<   作成日時 : 2008/03/16 10:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日はBSで13:00〜16:00までふたつの
音楽番組を見てたんですが、どちらも一人
共通の想いを抱かせるプレイヤーの存在が
私の目をそちらに釘づけにしました。

13:00〜14:30 BS日本の歌
14:30〜16:00 南こうせつ武道館LIVE

一芸に秀でた人は・・と云う言葉がありますが、
一芸に秀でた人はもう一芸も秀でている!

「日本の歌」では北島三郎さんがトリで数曲
唄ったのですが、その際紋付袴で尺八を吹いていた
確か田村さんだと思うのですが、曲が変わると
その出で立ちでフルートを吹いていた。
「演歌のフルートはこう吹くんだ」というような
奏法・・ある種、尺八を思わせるような音色は
素晴らしかった。

南こうせつ武道館LIVE2008では、
佐久間順平さんのバイオリンとギター&コーラス
この世界では有名な人だと思うのですが、
失礼ながら私は知らなかった。
始まって数曲は、こうせつさんの左隣でアコギと
コーラス・・しかし、その存在感が気になるのですね。

ただ、こうせつさんのアップが殆どですので引きの時に
映るような感じで・・・

で、ある曲の時にバイオリンのソロがあって
ステージ中央へ・・・
テクニックとか音色も勿論ですがビジュアル的にも
カッコいいんですよね。
しばらく経ってからですね・・「あれ?アコギの人?」
私が気づいたのは・・・
こうせつさんの曲にバイオリンは欠かせない楽器だと
思うのですが、実に情感豊かな演奏と絵になる
佐久間順平さんの存在は大きかったですね。

尺八とフルート  バイオリンとギター
吹奏楽器と弦楽器・・・似てはいますが全然違う
楽器なのに、どっちも一流・・・
凄いなあ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
一芸に秀でた人は・・・ 時には演歌を・・・by麻生新/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる